images

 

こんばんはよしえママです!9月11日放送の「カンブリア宮殿」でフレッシュネスバーガーやHotto Mottoを展開する創業者の栗原幹雄さんが特集されます!フレッシュネスバーガーは筆者もよく利用しますし、おいしいですよね!マックやモスなどと違った味のあるお店ですが、彼が目指したマーケティングの戦略や経歴などをちょっと調べてみました!

 

Sponsored Link


 

まずは栗原幹雄さんのプロフィールから見ていきましょう!

 

栗原幹雄プロフィール

 

091101_sp0006_d05

 

名前:栗原幹雄(くりはらみきお)

出身:埼玉県

年齢:53歳

生年月日:1951年4月12日

職業:実業家

 

 

 

Wikiや経歴について

 

現在、フレッシュネスバーガーや
吉野家の展開に力を入れている
実業家の栗原幹雄さん。

 

3

 

本人の詳細を調べようと
Wikipediaを探したのですが、
まだ存在しないようですね!

 

ということで彼の経歴を
まとめてみました!

 

1951年に
埼玉県に生まれた
栗原幹雄さん。

 

091101_sp0006_d06

 

日本大学生産工学部の
建築工学科を卒業されたのち、

1974年に積水ハウスに
入社されました!

 

それから4年後の1978年に
義理のお兄さんと
事業展開を起こし、
この時生まれたのが、
今では日本で一番有名な
お弁当屋さんとなった
ほっかほっか亭」を創業します!

 

その後、わずか4年で
このほっかほっか亭は
全国各地に1000店舗にまで
拡大しました!

 

P009_MrKurihara

 

すごいですね!
たった4年で1000店舗って。
筆者も子供の頃は
本当にお世話になりました。
カレー弁当をよく注文したのを
覚えていますww

 

その後、栗原さんは
1992年にバーガーショップ、
フレッシュネス・バーガー」の
1号店を渋谷区富ヶ谷にオープン。

 

images (1)

 

「ほっかほっか亭」退社後の
1995年より多店舗化を
開始されます。

 

2009年には国内、海外合わせ
210店舗を超え大成功!
関連店舗として
「ワンズダイナー」や
「フレッシュネスカフェ」も
展開させるようになりました。

 

img04

 

すごいですね!
これだけの短期間に
これほどの成功を生むなんて!

 

90年代後半って
すでにマックがメジャーで
ハンバーガー業界も
相当な競争があったと思います。

 

まさに敏腕と呼べる
実業家なんでしょう!

 

フレッシュネスバーガーの戦略

 

フレッシュネスバーガーって
マックやモスとはちょっと
違った感じのイメージがあります。

 

クオリティも高いし
オシャレな感じなのですが、
どこか親しみやすいというか、
ふと住宅街などで
ポツと見かけます。

 

P1200406-e1410305529400

 

実はそれこそが栗原さんの
掲げるマーケティング戦略
だったんです!

 

栗原さんは以前、
アメリカを訪れて、
ハンバーガー店の
勉強を行いました。

 

images (4)

 

すると現地では
実に様々な個人店が存在し、
もちろんマックが本場なので
ダントツ一位なんでしょうが、
それでも周辺の方達は
その個人店の味を好んでいたそう。

 

いわゆる「地域密着型」という
お店のようでした。

 

こうした店舗が実に多く存在し、
店によって味はもちろん、
雰囲気やイメージも異なる。

 

p1

 

しかし、その店舗も
実に長く経営されており
栗原さんはここに注目したのです。

 

フレッシュネスバーガーも
完成な住宅街に
ポツンと存在してることが多く、
マックやモスのように
駅前や構内にあるというよりは
地元の方を対象とした
お店の立ち位置が
イメージされます。

 

img05

 

これが栗原さんの
戦略だったようです!

 

地元の人、
周辺人に愛される
そんなお店を目指すのが
彼の戦略でした。

 

「誰も知らないフレッシュネス」が
「知る人ぞ知るフレッシュネス」になり、
「誰もが知るフレッシュネス」になる、
そういうヴィジョンがあったんでしょう。

 

images (3)

 

フレッシュネスに来るお客は
若者や主婦、家族というよりは
クリエイターの方が多いようです。

 

ただでさえ、高センスの
目を持つ彼らが好む理由は
そのイメージでしょう!

 

安さや速さが売りの
マックと変わって、
お金や時間がかかっても
クオリティも高いものを
食べたいという彼らの
要望が見事にマッチしました。

 

m_1183423919_photo-9a593

 

逆に吉野家というのは
速さ、安さが売りで
サラリーマンや学生に
大人気のフード店。

 

yoshinoya_area_price

 

まさにフレッシュネスとは
真逆のものですが、
同じ方が手がけていたとは
これまたオドロキです!

 

名言

 

最後にそんな栗原さんの
名言をまとめてみました!
こちらです!

 

091101_sp0006_d08

 

 

「遊び感覚で仕事する」
これは「仕事を面白がる」
ということ

 

数字に対する仮説をどれだけ
真剣に組み立てられるかが、
ノルマ達成のカギといっても
過言ではありません。

 

新しいお店のアイデアを
思いついたら、
すぐ絵にしてしまうんです。
テイクアウトのコーヒーショップ、
市民農園を併設したカフェ…。
いろいろ書いていますね。

 

秀逸なアイデアは、
パッとひらめいた
アイデアにこそ
眠っています。

 

 

こうして見てみると
心の中に純粋な少年がいて、
仕事を楽しんでるイメージです。

 

ダウンロード (1)

 

誰もが幼い頃に描く夢を
彼はひとつひとつ
実現させていったんですね!

 

現在も新しい事業を
どんどん進めていき、
決して足を止めない栗原さん。
今後も楽しみです!